軽トラックレンタカーとハイエースレンタカーとの差異



レンタカー料金は大型車両になるほど高くくなります。そこで、引越しの際によく利用するワンボックスタイプのハイエースレンタカーと軽トラックレンタカーの違いをおしらせします。

荷物の積載量の差
荷物の積載量ですが、100サイズのダンボール(電子レンジ大)で換算すると、ホロ高(200㎝)軽トラックの荷台には90個積めて、ハイエースの荷室には80個積めるというデータがあるようです。
もちろん車種によって細かい積載量の限界には違いがあるでしょうが、ホロ高(200㎝)軽トラックのほうがハイエースの方がより多くの荷物を積むことができるのは共通です。
しかし荷物の積載量が同じくらいですが、わずかながら車幅が広いハイエースの方が運転難易度は高いと言えるかもしれません。
大きめの車の運転に慣れていない場合であれば、ハイエースのレンタカーを利用する際には、車体の幅をしっかりと把握しておく他、狭い道での運転やカーブや曲がり角を行く時に、特に注意深い運転を行う必要があるでしょう。

レンタル料金の差
1日レンタル料金についてですが、
・ホロなし軽トラックのレンタカー・・・3千円
・ホロつき軽トラックのレンタカー・・・8千円
・ハイエースのレンタカー・・・1万5千円

ハイエースの方が車として値段が高いのでレンタルのときの料金も高くなっているようです。

まとめ
まとめると、軽トラックとハイエースのレンタカーを比較すると、以下のような関係となります。

■荷物の積載量
 ハイエース < 軽トラック
■運転難易度
 ハイエース < 軽トラック
■車両の利便性
 ハイエース > 軽トラック
■レンタル料金の高さ
 ハイエース > 軽トラック

荷物の量がそれほど多くなく、荷台への荷台の積載もそれほど気にならない・心配がないという場合であれば、軽トラックのレンタカーを使用した方が、料金は安く済むでしょう。
軽トラックのレンタカーを使う場合でも、ホロ高の軽トラックなら悪天候にも対応はできますし、しっかりと固定バンドで荷物の転落のリスクも減らしていくことはできます。
今回の引越しで運搬する荷物の量や、移動距離、高速道路を利用するかどうか、引越し当日の天候の状態などを考慮して柔軟にレンタルする車種を選択していくようにしましょう。

【まとめ】

お金はかかるが、レンタル車両も多く、どこでも入れるハイエースレンタカーが初めてのレンタカーではおすすめですが、レンタル料金が2倍近く差が出ているサービスがほとんどなので、 予算がなかったり、トンネル、ゲート、屋根などない道路のみで使用ならホロ高軽トラックがおすすめです。
まとめ
固定しなければならない荷物がない方はハイエース
地下駐車場やトンネル、ゲートを通るときはハイエース
長さのあるものや、立てて積載しなければならない時はホロ高軽トラック
狭い道路や運転に自信がない方は車幅が狭い軽トラック
予約が取りやすいのは車輛の多いハイエース
以上が軽トラックレンタカーとハイエースレンタカーとの差です。ケースによっては、ハイエースが良い場合もありますが、地下や背の低い駐車場等に入らなければならない等の条件がなければ、ホロ高軽トラックレンタカーが料金、利便性、積載力でハイエースレンタカーよりオススメとなります。

引越し電話見積もり