レンタカーで遠距離引越し



遠距離引越しをレンタカーで格安9900円+高速代・ガソリン代でできるケースをお知らせします。
引越し料金を節約するためのテクニックに、軽トラックのレンタカーを利用して、引越し荷物の運搬を自力で行なってしまうという方法がありますが、
12時間レンタルなら確実にレンタカー返却に間に合うのは50キロ程度の近隣県までです。

遠距離引越しは1回で運べる荷物
素人が軽トラックで往復して12時間で引越しでできるのは、20キロ以内の同一市町村でワンルーム程度の荷物が少ないケースですが
遠距離だと往復ができないので1回で運ばなくてはなりません。
この1回で運びきるというのが曲者で、引越し業者なら頭の中で『パズル』をしてトラックの天井まで高く積み重ねて且つ壊さないで荷物を1回で運べるのですが、 素人ではこの『パズル』ができないので、荷物をトラック一杯に積み込むまで非常に時間がかかります。
また、1回で積載できたとしてもプロが1時間で積むのに対して素人一人では3時間はかかります。
積み込み3時間、積み下ろし1時間、移動時間、返却時間なので片道4時間で移動できる距離でないと1日では終わりません。
通常は200キロ以下が限界となります。
・東京足立区→浜松市250キロ
・東京足立区→新潟市330キロ
・東京足立区→長野市240キロ

高速・燃料費
遠距離だと必然的に高速道路使用が前提なので、
例)東京足立区→新潟市330キロ

・燃料が近距離よりかかる。下道ガソリン1L14Km→高速道路ガソリン1L8Km
 (330キロ×往復2)÷(燃費1L8Km)×(ガソリン1L170円)
=14025円

・高速代1Km25円×330Km=2500円×往復2=16500円

引越し業者に例えば新潟に都内からワンルーム引っ越しなら軽トラック引越し業者で5-7万円くらいですが、軽トラックレンタカーで引越しすると、
例)軽トラックレンタル.com利用
・レンタカー12時間9900円
・ガソリン代14025円
・高速代16500円
総計40425円

業者を使うのと2万程度の節約ですがレンタカー返却後、引越し先に帰る料金がまだ必要ですね。
※大宮に20時までに行けたとして
・21時発高速バス3100円
・終電21時発新幹線10230円

交通費を入れると1万程度しか節約になりませんし、もし20時位に最寄りのバス・新幹線発着駅に行けないと、 ホテル代かネットカフェ等の宿泊費もかかりますね。

100キロ超えはレッカー代に注意
レンタカーのレッカー代は業者によりますが大抵100キロ以上は有料になるようです。 事故以外にも故障でも有料なので、レンタカーを借りるときは確認が必要ですね。

まとめ
軽トラックのレンタカーで遠距離引越しができるのは、
・1DK、広めの8畳ワンルーム等2回で運べる荷物多めの引越しなら移動距離か50キロ以内
・6畳ワンルーム等で1回で運べる小荷物引越しなら移動距離か200キロ以内
・男性作業員が2名いる
以上、レンタカーで遠距離引越しは隣接県までで、他県への引っ越しは軽トラックの引越し業者に頼んだほうが賢明ですね。

引越し電話見積もり